シミを消すのはケシミン?のウソ

シミを消したいと切実に悩んで居た頃、
ケシミンでは「出来てしまったシミを消すことが出来ない」と知り、呆然としてしまったお話しを書いてみます。

これは私がビーグレンと出会ったきっかけになるのかな?かれこれ4年前の話です・・・ビーグレンを使う前は、ずーっとこめかみの下に出来ていたシミに悩まされていました。

初めの頃は気にならなかったけれど、年々濃くなって大きく育っていくような気がして不安だったんですよねぇ((((((^_^;) 


※ここまで大きなシミでは無かったけれど、シミって繋がって大きくなるんですね

メイクをする時は絶対、コンシーラで隠してからカバー力の強いファンデーションでないと、うっすら見えてしまってました。
・・・で、シミを消すなら ケシミン!って検索して調べた事があるんです。

でも・・・ケシミンという名前だけど、あれは予防の為のクリームでした。
どこにもシミが消えるとは書いて無い、書いてあるのは
「メラニン生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ」という効果だけでした(゚ロ゚; )なんとも、紛らわしい名前をつけたもんです。

防ぐ!メラニン生成を抑えると書かれてるのでウソではありませんね(;^_^A アセアセ・・・
ケシミンクリームを使ってて薄くなるとすれば 角質層にあるシミぐらいかな?

■シミは出来る場所によって消えやすいシミと、消えないシミその原因。


シミを作る発生源(メラノサイトが生まれるところ)が基底層にあるので、ケシミンの成分は届きません。角質層の上のほうだけ???なので、しっかりと肌の角質層まで浸透してくれるビーグレンは、納得して使える基礎化粧品になりました。

 

The following two tabs change content below.
ちえ子@ビーグレン愛用主婦

ちえ子@ビーグレン愛用主婦

30代からずっと頬に出来たシミに悩まされて、何を使ってもシミが消えなくて諦めかけた頃、口コミサイトでビーグレンを知って、お試しトライアルセットを購入したのが4年前、それからずっーと美肌を目指してビーグレンを愛用している50代の主婦です。

コメントを残す